籠の中の匣

二次創作のお話や宣伝をするブログです。管理人は腐ってます。

アンソロジー参加についてのお知らせ(サイトより引用)

 
 
 銀高アンソロジー「闇夜の蝶は光に集う」A5/156P/R18
 
 漫画を描かせてもらったこちらのアンソロジーはK-BOOKSで予約開始しています。予約なので、発送は発行日以降となります。
(2018年5月4日SUPER COMIC CITY 27 「かぶき超大集会2018」発行)
 
 
 
 
 
 
☆☆☆★
 
 
 そして来年2019年5月発行の銀高のそれからアンソロジー「余花」 に漫画で参加する予定です。
 
 
 
 
 
☆☆☆★
 
  下手なのに漫画で参加とか…すみません…(覇道さんのアンソロには表紙まで描かせてもらって…)。オマケ程度に目を通していただければ充分ですので。でも精一杯描いてますし、描かせていただきたいと思います…! 
 完全に読み手としてアンソロは楽しみです! (好きな方々と御一緒出来て光栄ですし、私の死亡フラグじゃないかと思ってます…。)
 

 

 
 今回は2冊とも銀高アンソロなので銀高の話になりますが、正直な気持ちを言えば私が描かなくても既に素敵な銀高の描き手さんがいらっしゃって、私程度の描き手は絶対に必要というわけではないと思います(クセが強くて技術があるわけでもないし、クセが強いわりにコレと言った作品の特徴もない)。アンソロでお声かけていただけてるのは、ツイッターで主催さんと少しでもお話したことがあるからだと…w いや、まじな話です。
 
 でも…こんな私の作品からでも銀高というカップリングがあって、素敵な描き手さんがいらっしゃることを知ってもらえるなら…。断崖の突起物くらいのもんですから。どんどん足掛かりにしてもらって構いません、登りきれば素晴らしい銀高作品が待っていますからね! さぁ登ってくれ…銀高という断崖を!(わけがわからなくなってきた)
 
 私には銀高が好きって気持ちしかないみたいです。伝わる方には伝わってるらしくて、「好きだよね~w」と言ってもらえるのは素直に嬉しいです、えぇ大好きですw、もうこれが好きって気持ちなのかなんなのか判らなくなるくらいです。
 
 例え卑小な描き手だとしても、描く時は真剣に臨んでおりますので、何かしら心に引っかかるものがあればと思っています。宜しくお願いします。